cheese456の日記

大学生のモラトリアム日記

Day260 一区切りついて

  テストから1週間経って、テストリセスの1週間だったのですが、15日にテストってこともあり、気が抜けてずっと休んでました。笑

 月曜日は1日寝て掃除だけして、火曜日はビーチでゴロゴロして、水曜日は図書館に行ったものの別のことをやって終わり、木曜日は友達と勉強会とか言いながらおしゃべりしたあとにステーキを食べたり、街のストリートフェスティバルで再び肉を食べたり、金曜日は友人とシドニーで1日遊んで、土曜日はその友人と木曜突然話し合ってピアスをあけにいきました。笑

 そう、ピアスを人生ではじめて開けました!!笑 自分でもびっくりだったけど、本当にホッチキスでパチンって感じでなんていうか肩震えてたけど終わってえ?ってなりました。オーストラリアで体内に穴を開けるとは笑笑 でも、こっちではみんな8-9歳くらいにあけるのが当たり前で、日本のいうイヤリングはおこちゃま向けコーナーにしか置いてないんです泣 6週間だけファーストピアスらしいので帰国前にギリギリ外せるんですが、もっと早くやっとけばよかったーって後悔。笑笑 タトゥー屋さんでやったからけっこうギラギラしてて怖かったし、店員さんもピアスとタトゥーすごかったけどベテランでなんか優しかった。笑 いかつかったなー

 そして、彼との複雑な関係も昨日ちゃんと終わらせてきました。firends with benefitsって関係で、友達だけどspend time togetherするしお互いにしたいならするみたいな関係になってました。読んでるみなさん、ひいたらごめんね笑 留学生活って孤独がつきものだし、こういうときに家族がいたら全然違うのにそういった判断も友達はみんな反対していて間違ってるってしっていたけれど、とどめの押しというのがなくてだらだら続けてしまってました。とはいえ、別れてからは徐々に割り切れていたので最初の方は問題はなかったんですが、あるときふと彼の気持ちが分かった気がしたんです。ただ私のことを傷つけてしまって心配であるだけだし、男の人の方が元カノとの思い出を大切にする傾向があるって。それを知ったときにすごくむなしくなってそこからまたつらくなってしまってました。この関係になんの意味があるんだろう、自分は何を求めてるんだろうって。そんなときに1回目の別れあたりから支えてくれてた友人に正直に話して考えて、周りの相談にのってくれてたのに黙っていたことをみんなに正直に話すことにしました。そしたらみんな自分が思っていたよりも温かく見守ってくれて(今書いてるけど泣いてる笑)私はなんでもっとそういった自分を大切にしてくれる人を大切にしようとしなかったんだろうって心から思えて、しかも1人のハウスメイトは私が寂しくならないようにどんなことができる?って言ってくれてなんて私はなんて温かい人に恵まれてるんだろうと思えました。1人でこっちにきて、こんなに周りに恵まれるなんて...そしてたとえ友人であれ素直に正直に接することはどんなに大事なことなのか、思い知らされました。そういうことを知って、しっかりこれは自分でちゃんと終わらせないといけないって思って、彼にそう思っていることを伝え、無事に彼もそれを理解してくれました。ほんとだらだら続けてしまった、、自分は弱かったけどそれもちゃんと自分の一部として認めようと思います。

 この間、友人に一皮も二皮も剥けてるって言われたけど、今回ので三皮剥けたような気がする笑 そして、特にそれを気づかせてくれたその子には本当に心から感謝してるし、心からありがとうって言いたいです。自分も含めて大切にしてくれる人を大切にしないと!でもそれは必ずしも元カレのことを否定するわけではなくて、その時間も大切だったと心の中で受け止めたいと思います。

 なんか最初はどうなっちゃうんだろうなんて思ってたけど、ピアスみたいに思ってたよりも痛さは少なくて、なんかすごく心が軽くなったし、素直にものを捉えられるようになったし、優しくなれたと思いました。海を見てきれいだなとか1カ月くらい実は料理してなかったけどカレーを作ってすごく新鮮に思えたし、すごく生きることって素晴らしいなって。

 留学というメンタル的にやられる環境で、いろいろ掛け持ちのなかでキャパぎりぎりで彼と人生で初めての恋だったこと、これで本当に無事に乗り越えられそうです。彼もありがとう。でも前に言ったように段階的にフィーリングがなくなったので(1回目→2回目→これ)もうこれ以上ひきずることはなさそうだし、次に進もうと思います。自分を大切にしてくれる人を大切にして向き合おうと思います。

 ってことで実はまだテスト1つと週末に恐怖のIELTSがあるのでここらへんで失礼しようかな。笑 まだ終わってないから最後まで頑張らないと!笑