cheese456の日記

大学生のモラトリアム日記

Day181 ここ最近~

 お久しぶりです。久しぶりの更新。

前回は混乱してる状態ですが2週間経って少し落ち着きました。笑

 ちょうどブログを書いた直後あたり、10日前くらいになるのですが、家族がシドニーとウーロンゴンに来てくれました!まさかの両親は20年以上ぶりの海外、弟は初海外でどうなるんだか心配だったけど、なんだかんだ楽しんでくれました。実は母とはかなり頻繁にラインでメッセージするよりも小さいことでも数分でも電話してしまうので正直すごく久しぶりという感覚はなかったけど、近くにいるっていうのが不思議ではあったかな笑 そして、彼氏を家族に会わせました。家族が英語をしゃべってくれるのかわからなかったのでカフェとか軽く済ませようと思ったけど、ディナーにしてという家族の要望で急きょディナーに。どうなるんだか少しハラハラしたけど家族みんな頑張って英語をしゃべってくれて、彼氏は前日に頑張って覚えた日本語のフレーズを話してみたりしてて、お互い高評価で一安心。笑 彼氏は政治好きなのでアベノミクスを知ってると言ってた時は親もびっくりしてて反応が面白かったです笑

 嬉しかったのは、家族に英語の上達をほめてもらえたこと。留学のもとを取れてるって言ってくれてどこかほっとしました。そしてオーストラリアも大好きになって帰国したのでそれも嬉しかったです。もはや住んでもいいんじゃない?とまで言われた笑

 最近はエッセーが2つ重なってちょっとバタバタしてますが、地味に課題で追われるほど料理をするようになりました笑 最近はまってるのはショートパスタでなぜかというとパスタだと時間がたつとまずくなるけどその心配することなくランチとしてユニに持っていけるから笑 あとこっちだとパスタやマカロニが安いので活用したいところ笑

 授業面では前学期よりもどれも難しい内容になっていて、2つはオージーに囲まれ留学生1人という状態。笑 まだチュートリアルで発言する感じでも気持ちもなぜかないのですが、、前よりも学生の言ってることを理解できるようになったし(とはいっても一部だけど)オージーが多いからオーストラリアの話題で話し合ったりとかも多くてオージーの価値観を知れて面白いです笑

 そして先週からインターンが始まりました。先週はオーストラリアの育休について調べて、いろんな発見があったし、いろんな経歴の職員がいて面白かったです。ここでは最終プレゼンを移民政策(と多文化主義政策?)というテーマでリサーチすることになりそうです。楽しみ!笑

 1番面白いのはやはり心理×国際学のglobal ethicsです。この間のテーマは「GNPは本当に人間の生活の上での重要な指標なのか」。ハピネスとは何か。人間社会でなくてはならないものって何か。などなど。他の子も言ってたけど、ハピネスってsubjectiveでunstable.私的に疑問なのはhapinessって人とshareするものなのかでも結局のところは自己満足なのか。笑 共有してるつもりでも他人であって見方も度合いも違うだろうし、、まあ答えがないのは知ってるんですがそうやってぐるぐる考えるのが好きです。

 そして、、12月20日に帰国することになりそうです。そのあとも彼氏と続いていたら国際遠距離恋愛として続けるかもしれないし、まだわからないですが院(奨学金が取れたらオーストラリア?)にいくかもしれないのでそういったことも書き続けるかもしれないし、今のところ未定です笑 とりあえず時間たつの早いけど、1つ1つを大事にして過ごしていきたいなと思います。また時間あったら書きます~ ではでは

最近写真がなかったので2枚あげます😉

f:id:cheese456:20170817081925j:image

3週間くらい前だけど友達がドライブしてくれて、ウーロンゴンを見渡せられる景色の写真が撮れたので↑🙂

f:id:cheese456:20170817082100j:image

友人とチーズケーキを私の家で作ってほっこり。笑

 

Day 167 変わっていく価値観

 いよいよ8月に入りました。日本は暑くて大変そうですが、こっちではまだコートを着れます笑

 前期と違ってガラっと環境が変わって、と同時に価値観も言語の感覚も変わってきていていい意味で頭が混乱状態に陥っています(笑)

 まず、環境面で何が変わったか。シェアハウスに移ってから本当に優しいハウスメイトのオージー女子3人と暮らしていて、前の寮だったら1人の時が多くて会っても日本人か日本好きな数人と話すだけで全然英語をしゃべってませんでした。それが朝起きて話したり、今日はどう?って料理しながら話したり、、英語漬けです。

 そして、彼氏が帰国してきて、付き合いはじめたのは休みの直前(テスト期間の週末)だったのでカジュアルに連絡を取ってた状態だったのですが、いろいろあって一時期エッセーみたいに文章書いたり...誤解を招きたくない、これは伝えたいっていう気持ちで英語を話したり書いたりで...英語漬けです。笑 この間は家系がGreekなのでギリシャ料理を初めて食べました!チーズ料理が多くてチーズ好きな私には最高でした笑

ただあっちも今学期で卒業、私も帰国後はどうするのか(就活するのか、院に行くのか)といった将来を考えるタイミングでもあり、互いに複雑な気持ちでもありつつ、将来を話しはじめました。まだどうなるかわからないけど、自分の将来ももしかしたら彼の影響を少しは受けるかもしれません。(現地点ではわからないけど)帰国してから一気に距離が縮まった気がする。

 ランゲージパートナーとも今学期も続けて、日本語英語を教えあってます。実は私はその子は18-9歳だと思っていたら、兄弟の話になって同い年の同じ月生まれだと知ってびっくりだねーって言い合ってました笑 

 そして、ユニの環境も前のセメスターは日本人が10人(以下かもだけど)とかそれなりにいたので授業重なってる子も何人かいたりした環境だったのですが、時期も時期なのか本当に日本人が少なくて、おもに連絡を取ってる日本人は3-4人くらい。どの授業もオーストラリア人ばっかりで留学生として私がぽつんって環境。前のセメスターよりはパニックにならないけれど、それでもやっぱりわからないことも多かったりします。でも、今回のセメスターの受けようと思ってる授業で嬉しいことがありました。隣に座ってたオージーの子と仲良くなって、その子はケニアとのハーフでいろんな歴史や思うことを話して授業終わってバイバイしたんです。でもその子のチュートと自分のがかぶらなくて、行ってみたらチューターがディスカッションを管理するのでなくディスカッションをペアの生徒がリードするスタイルだったんです。そんな形式も知らずもちろん留学生としても私が1人だけで困ったのですが、捨て身の思いでその子に連絡をつけたら、’あなたにとって大変なのに違いないよ。助けることは好きだし、良かったら一緒にペア組まない?”って言ってくれました。泣きそうなくらいうれしかったです。

 人と人の出会いは一期一会、大事にしないといけないなと感じました。最近、自分が乗り越えたなと思うのは、ネイティブ恐怖症。笑 症状としては人としてみるより英語のできるネイティブだ、、みたいな見方をし、そういった人と英語で話すのを怖く思うこと。自分の英語を下手だと思われてしまうのが怖いみたいな。やっと伝わればいいんだって思えてきて、人として見て、自分の英語とか考えずに接することができるようになりました。前期のつらかったボーダーをやっと乗り越えた感じ。

 ということで英語漬けな環境になりすぎてしまい笑、英語は英語でしか考えられない、かといってうまいわけでもない、けど同時に日本語も若干忘れてくる、、といった不思議な状況に陥っています笑 バイリンガルの一歩だと思って頑張りたい笑

 ここ最近、本当に優しい人と優しさに囲まれた生活を送っていて、よくこんな生活になったなーとどこかで思いつつ、いろんな人に感謝して生きていきたいし、私も助けが必要な人がいたら手をさしのべる人になりたいなと思います。

 将来像も段々といろんな価値観が抜け落ちてきて変わってきているし、1つ言えるのは留学来てよかった!ということですね。まだ時間はあるけど。あと、優しい人に囲まれてるから言えることなのかもしれないけど、オーストラリア大好きです。笑 のんびりしてて住むのにほんといいところ。最近学んだことは、”アドバイスを求めること””笑顔で人と接すること” 笑顔でハイということ大事だなと思いました。でも、精神的な余裕がないとできないことだと実感したので、留学してすぐにしなきゃなど抱え込まずにできるタイミングで笑顔を意識することが大事だと思います。そうすると多分、人が寄ってくるんじゃないかなと思いますね!笑

 

Day154 オーストラリアに戻ってから

 いよいよ今週(オリエンテーションウィーク)が明けたら、Spring semesterが始まります!

 実はニュージーから帰ってから体調がおかしくて、しばらく喘息の発作がなくて小児喘息は治ったと医者に言われていたのですが喘息になってしまいました。たんがでるし、ぜえぜえするし苦しい。こっちに喘息の薬ももっていかなかったので、正直不安で、また引っ越し直前で片づけたいのに埃がたってしまうから友人を頼ろうとするも、特にニュージー一緒に行った仲良い2人はそれぞれ旅行中。A君(これからは彼氏のことを仮名A君と呼びます笑)もまだ帰国してないしで、そういう時に限って家族も電話に出てくれなくて、つらくて泣いたら涙が止まらなくなりました笑 そういう時に私はよくセカオワを聞きます。でも、そのあと運がいいことが起こって、その前の日に入寮した日本人の女の子とウーロンゴンを案内したり、いろんなことを話したのですが、その子も実は喘息もちで薬をくれただけでなく、部屋の掃除も手伝ってくれたんです(´;ω;`)

 

その翌日(昨日)、オージーの友人2人と日本人2人が引っ越しを手伝ってくれて、なんとか喘息もひどくならずに引っ越すことができました。本当に感謝。ハウスメイトは本当にいい人たちで、welcomeの手紙を置いてくれたり、女子専用のシェアハウスだから棚や冷蔵庫もちゃんと1段私用に空けといてくれたり、、ちょっとした気遣いが本当に嬉しいなと思ってます。

 

病気のときほど、健康ってありがたいと思うし、生きてるだけでもすごいなって考えさせられる。そして、最近はどこかで大丈夫って思ってむちゃしてた部分もあったけど、これからは疲れて病気にならないように気をつけようかなと思います。

Day154 ニュージー旅行振り返り

 お久しぶりです!!ニュージーに5日から16日まで12日間旅行に行ってきたのでそのことを書きたいと思います。近況はまた次の記事に書きます。(2つ投稿できるように頑張るで)

 ニュージーランド、一言でいうと本当に最高でした❤ 自然がたくさんあってオーストラリアと違って夜遅くまでお店もやっているし、、笑

 今回のニュージー旅は、こっちで知り合っていつも仲良くしてる日本人2人と一緒に南島(クイーンズタウン→テカポ湖→クライストチャーチ)を巡って、後半は北島オークランドで大学の先輩のとこへお邪魔しました。

 

◎Queenstown

 クイーンズタウンは小さくてこぢんまりとしたかわいい街という印象でした。でもすごく寒くて、なんとマイナス6度!でした笑 クッキータイムズや人気なファーグバーガーを食べました。ファーグバーガー、会計まではすんなりだったからすぐかなと思ったら、レシートを渡された時に40-45分待ってねって言われてびっくり。笑 あとはミルフォードサウンドのツアーに参加して、ミルフォードサウンドを満喫してきました。

ミルフォードサウンド、山ばかりでだんだん背景に慣れてしまって感動が薄れていきましたがきれいでした!

f:id:cheese456:20170721103617j:image

f:id:cheese456:20170721103814j:image

f:id:cheese456:20170721103901j:image

 

◎Tekapo lake

 私たちはなんと満月という最悪な時期に来てしまったので、これから行く人はちゃんと月をチェックして、できたら新月のときに行きましょう笑(悔しかったので、10年後リベンジなんて約束しました笑)星空遺産と言われていて有名なとこで、空気が澄んでいて星だけでなく山や湖もきれいでした。途中から鼻かぜになってしまって、1日寝込んでて二人がいろいろ対応してくれて助かりました。みんな自炊がすごかったので、自炊はやっぱり生きていくうえで大事だねってなって、自炊頑張ろうという結論になりました。笑

f:id:cheese456:20170721104137j:imagef:id:cheese456:20170721104151j:image

f:id:cheese456:20170721104610j:image

 

◎Christchurch

 クライストチャーチは、地震で倒れてる建物や建設中の建物しかありませんでした。でもストリートアートが多かったです。ボタニックガーデンは時期が冬ってのもあってつぼみが多く....カンタベリー博物館は面白かったです!まさかの日本のtatooの展示がありました!

f:id:cheese456:20170721104239j:image

 f:id:cheese456:20170721104259j:image

 

◎Aukland

 先輩と先輩の彼氏と3人でいろんな二人の行きつけのカフェや動物園、博物館やユニなどいろいろ案内してもらいました。オークランドはニュージー全体の3-4人に1人が住んでるくらい大きい街で、南島と違って多文化多国籍の雰囲気がありました。イギリス植民地化される時期も比較的遅かったらしく、オークランドは他とひとあじ違った町でした。kiwiも見れて満足❤

f:id:cheese456:20170721104354j:image

f:id:cheese456:20170721104450j:image

f:id:cheese456:20170721104408j:image

ニュージーはサーモンが美味しい❤️

 

 

こんな感じです。でも、最終日とその前の日あたりから体調を崩してしまって、熱っぽくなってしまって、帰りのフライトは映画+機内食付きのフライトだったのに気持ち悪くて映画も見れず。ホームで30分くらい電車を待たなきゃいけなくて、堪え切れられずベンチで横になって寝ていたら、ゴミ箱整理してたおじさんにAre you okay?って心配して声をかけてくれました、、。本当にあのときはきつかった、、、

 

Day137 引っ越しとインターン

 2日ぶりです。最近、久しぶりに定期的にブログを動かしてる気がする!!笑

そう、タイトル通り、無事に引っ越しとインターンができることになりました!Yay!

 

 特に寮の引っ越しは長い道のりでした。まず3月の下旬にトランスファーオファーを出して他の寮へ変える申請を出して、マネージャーと相談して、ほとんどのスタッフも「次のセメスターには引っ越せるよ」って言ってる状態。でも、この間、ていうか契約前半が終わる1日前とかの直前にメールが来て、「lack of availabilityで移れないけどシングルなら空いてる」とのこと。シングルってのは今とほとんど値段が変わらなくて、330-385AUD/per weekするんですよね。でもこのまま前学期みたいに課題に追われて引きこもってインスタント生活したり笑、イベントとか交流を気にする生活(アジア人女子2人しかいない)から脱却したいと思い、契約を切ってシェアハウスに移ろうと決意したのが2-3週間前のこと。たまたま日本人であさってに帰国する子のシェアハウスのあとが空いてるとのことで見に行ってみると、オーストラリア人女子4人に囲まれながらではあるものの、みんな優しくておだやかな子が多くて、平和そうな感じで、自炊もできるし、すぐに気に入って、ここに住もう!と思いました。でも、またそこからが大変。笑 大学も寮で稼いでる部分があるので、気持ち的な理由で訴えても契約だからムリだって言われるだけなんですよね。何人か出ることができた人とできなかった人の話を聞いて、経済的理由を訴えて、その証拠書類も出さないときついということが判明。急いで家族で相談して、さらに言い忘れて伝わらなかったという事態も防ぎたかったので、旅行中のバス移動でレター作成してランゲージパートナーの子に添削してもらって徹底して対策をしました笑(やけに必死)そしてマネージャーと面談して、無事に寮を出ることが認められました!でも、中旬で契約を終わらせたかった部分は月末までとなってしまいましたが、、なんとか無事に出て、シェアハウスでの生活が実現できそうです。大学から2駅で前よりは通学が大変にはなりますが、なによりコストが半分以下で済むので本当にありがたいです。なかなか長ーい道のりでした...。

 そして!同時になんですが、インターンすることも決まりました!!やったーー!

ウーロンゴンという田舎に基本いるのですが笑、週1回3カ月なので大体ほぼ来学期シドニーに通うことになります笑 日本のイベントをサポートしたり、オーストラリアの多文化社会を研究したりできるので、本当に楽しみです!!たくさんいろんな経験を積んでいきたいなあと思ってます。日本学でお世話になった教授が推薦状書いてくれたのは本当に感謝しかないし、一緒に喜んでくれて心からそんな教授に出会えてよかったなあと思います。

 来学期は3個重めのを取るか、1つ軽いのを加えて4個取るか迷いますが、それに加えてインターンと自炊、シェアハウス、(+恋愛、、??w)となんかカオスな感じがしますが、頑張ろうと思います。

 ちなみに1カ月後に家族がこっちに来てくれて、さらにウーロンゴンに来てくれるみたいなので楽しみです。やっぱりウーロンゴンといったらゴングビーチでフィッシュアンドチップスを家族に堪能してもらいたいなあって思います笑

 とりあえずそんな感じ。明日からニュージーなのですが何にも準備してなくて笑、夜も友人とごはんに行くっていう。笑 最近はハンバーガー巡りに地味にはまってます。笑(っていっても3つしかないけどw)とりあえず出費の現実と向き合い始めて頭が痛いです…。節約しつつ楽しみつつ努力の継続もしつつ、来学期も頑張りたいと思います。2週間後くらいに引っ越すことになりそうです。帰国する日本人の子からありがたいことにもたくさんの荷物をいただいて、感謝しながらも量の多さにちょっと困ってます笑(幸せな悩みだよね笑)

今日はそんなとこかな。ではでは。

 

Day135 ケアンズ旅行ふりかえり

 5日ぶりの更新です。久しぶりに何も予定がなくて、ゆっくりと過ごしてます。

地味に残りの留学日数もカウントしてるのですが、ちょうど半ばくらいに差しかかっていてびっくりしてます。

 さてさて。近況も書きたいのですが、まずその前にケアンズ旅行を1週間くらいしてきたので、ちょっと書こうかなと思います。

 今回は、中高からの友人で違う大学に交換で行ってる友人と現地で集合して旅行してきました。ケアンズは思っていたよりもこじんまりしていて、日本人観光客の方が中国人よりも多くてびっくりしました。どこ歩いていても日本語が聞こえてくるし、表示や音声案内なども日本語があってびっくりしました。

 初めてAirbrbを使ったのですが、ホストマザーみたいなすごくいい人がオーナーで、作ったチョコケーキを食べれたり、駅まで車で送ってくれたり、ネットフリックスをベッドで横になりながら見たりしてました。笑

 ケアンズは最初の4日間滞在して、グリーン島に行ってきました。でも、天気が雨でちょっと残念。面白かったのは、私たちが乗ったフェリーでグリーン島で働く人も一緒に出勤だったこと。笑 亀やサンゴも見れてきれいでした!でも、例えばビーチに置いてある椅子はホテル泊まってる人限定で40ドル払わないと座れないだったり、ちょっとビジネスライク風が強いなあと感じました。

f:id:cheese456:20170702112901j:image

f:id:cheese456:20170702112955j:image

f:id:cheese456:20170702112926j:image 

 

 あと、キュランダ観光鉄道に乗って、キュランダ村に行ってきました。地味に前日グリーン島で見かけた人(日本人)を何組か見かけました笑 お金に余裕があるなら往復鉄道よりも行き鉄道、帰りはスカイウェイで帰ることをおすすめしますが、観光鉄道もなかなかよかったです!滝があったり、景色がよかったです。キュランダ村では、オーナーがおすすめしてたジャーマンソーセージ(なんでここでドイツ?とも思ったけど笑)を食べました。あとはアボリジナルアートを見たり、熱帯雨林の中を少し散策したり。散策中にアボリジニの子どもたちと会話したのは面白かったです笑

f:id:cheese456:20170702113125j:image 

f:id:cheese456:20170702113213j:image

  他の日は、映画をベッドの上で見て、いつものコールズでインスタントとかスナックを買って食べてしのぎました笑

 そして、後半はエアリービーチというローカルなリゾート地にいました。バスで10時間ケアンズから移動しました。ケアンズよりも小さい町でしたが、海はとってもきれいでした!ずっと寝っ転がってました笑 こっちはローカルなこともあって、日本人は全然見かけなくて、空港の人にも「日本人はしばらく見かけなかったよ~」って言ってました笑 でも、ここでのメインはグレートバリアリーフ(パート2)!!Whit Sunday islandにあるホワイトヘブンビーチへ行くため、camiraというヨットで回るツアーに参加しました。ほんとに白い砂で、片栗粉みたいな感触でほんとうにさらさらでずっといたいなーって思いました笑 人生で最初で最後なんだろうな、、 他にもう1つ写真スポットに降りて撮りました。すごく海が綺麗でした。他はずっとヨットに乗って多分5-6時間くらいは乗ってました。いや、でもホワイトヘブンビーチに行けてもう満足です。こっちでの宿泊先もAir brbできれいなところでした。海に近いようで海が見えなかったのが残念だったけど、1泊2500円くらいだったのでよかったです。てことで、エアリービーチに3日くらい滞在して、タイガーエアで帰りました

f:id:cheese456:20170702113521j:image 

f:id:cheese456:20170702113538j:image

f:id:cheese456:20170702113516j:image 

f:id:cheese456:20170702113751j:image 

 

 こっちに来て、泳げないし日本では海なんて絶対行かないような人だったのですが、海を見ると落ち着くという人になっていて、自分でもびっくりですね。笑 ただオーストラリアの海の方が潮のにおいがきつくないしゴミも少ないから、帰国して日本の海を見に行かないと!ってなるかどうかはわかりませんが。笑 息抜きのちょうどいい旅行になったかなと思います。グレートバリアリーフ、実は90%のサンゴが死んでるらしくて数年後にはなくなるなんて言われているので、なくならないうちにぜひ行ってみてください。そして、5日から15日までニュージーランドクイーンズタウン→テカポ→クライストチャーチオークランド)に行ってきます!出費が怖いけど、、、気にしないで行ってきます笑 地味に今は引っ越し?(結果待ちで確定ではないw)でバタバタしてますがそんな感じです!ではでは。

Day130 日本とオーストラリアを比べてみて

 今日も旅行中とはいえ、海を見る以外何もすることがないという暇さマックスなので、前に日本人の友人と話して面白かったことをまとめて書いとこうかなと思います笑

 ずばり、オーストラリアにきてから日本人を客観的に見て気づいたことです。

 1つめは、日本人は<かわいい(かっこいいもなのかもだけど特にかわいい)=好き>となりがちなところ。よくインスタとかかわいい子のコメントで一度は"かわいい😍好き〜"みたいなコメントを見たことありませんか?笑 彼氏や彼女ができるとすぐに顔見せて!って聞かれたり...でも友人のオーストラリア人の彼氏によれば、日本人の子はみんなすぐに顔を気にしがちだけど、特に気にしない。みんなかわいいんじゃない?って言ってたそうです笑 確かに、こっちってどちらかというと相手を雰囲気とか性格とか中身で見て判断することが多いような気もします。かわいいから好きって一体どうつながってるのか、、少しわからないです笑

 2つめ。日本人はステータスを気にしがちであること。正直、彼氏ができるときわからないことが多くて国際恋愛についてひたすらいろんな記事を読んだのですが(笑)、告白がアジア特有の文化だと知って驚きました😂 あとそこで思ったのがステータス!w 未婚、既婚、シングル、年齢、年収...などなど。バイリンガールちかさんも言ってるのですが、歳を気にしすぎる😂(参考にみてください)

https://www.youtube.com/watch?v=f960V1TxoyU&feature=share

島国で他人のことや評判を気にしがちなとこからきてるのかな...でも、ステータスよりも本質を見抜いていきたいものです😂 

前から何度も思うけど、日本はいそがしすぎる。いい高校、大学、会社に行け....受験だ、就活だ、婚活だ、終活だ?笑 その流れに乗るのもいいけど、いったん離れてみて自分は何者なのか振り返ったり向き合う時間って本当に大切なんじゃないかなって思います。流れに乗るのも乗らないのも人生なわけで、周りを気にせず自分と向き合ってやりたいことをする、って姿勢を見失いたくないなと思います。周りがやるからやるなんて日本では通じるかもしれないけど(留学する理由で言う人もいるらしい)、こっちにきたらそんな人はプレーンって言われてしまいます笑 どうかプレーンにならないでください...

細かいことを言えばまだまだたくさんあるのですがとりあえずよく思う2つをあげました。なんだろ...最近思うのは日本人といえど世界で見れば1/63なわけで、わざわざ1/63の中で通じる暗黙のルールに従う必要はないんじゃないかなと!どうしてこういう傾向があるのかを分析して客観的に捉える姿勢を続けていきたいものです😊 もちろんみんながそうというわけではなくて、そういう傾向があるってだけだし、日本人でよかったと思う瞬間ももちろん多いです🙋いつか日本人でよかったと思うことについても書きたいなと思います。ではでは!